pplog

ポエムがないほうのpplogです

Archive for the ‘DIY’ Category

有孔ボード(パンチングボード)で壁面収納をDIY

子供部屋に壁面収納を作りたくて、ググったりpinterestを眺めてたら

  • 有孔ボード(パンチングボード)
  • すのこ
  • ワイヤーネット
  • ガチャ棚

などなど色々と出てきたんだけど、今回は有孔ボードで壁面収納をDIYで作ってみることにした。

材料

材料はだいたネットで購入。

有孔ボード(パンチングボード)

ホームセンターの方が安いんだろうけど、持ち帰りを考えたら大変なので楽天で購入した。
指定した大きさにカットしてくれるし、送料無料。

枚数が多いほど単価が安くなるので、子供部屋をやるついでに寝室にも取り付けることにして、2枚組を購入。

有孔ボード ラワンベニヤ(無塗装) 5.5mm×920mm×1830mm(5φ-25P/A品) 2枚組

有孔ボードを買うときに悩んだことメモ

  • 穴の大きさは5mmと8mmがあるようだがどちらがいいのか
    • 5mmにした
    • 穴の大きさによって穴の間隔も違うので、2穴使うようなフックをつかう場合はまらないとかもありえる
    • 5mm穴タイプのほうがボードに取り付けるフック類の種類が多そうだった
  • 板の厚みは4mmと5.5mmどちらにするか
    • 5.5mmにした
    • 薄いとたわんだりするんじゃないかという不安があったので、厚みがあるほうを選んだ

止め具

有孔ボードを直接壁に固定すると壁と有孔ボードがくっつくので、フック類が差し込めなくなる。
なのでボードの後ろにスペースがある状態で固定しなければならない。

当初は2×4材とラブリコで柱を立ててそこにボードを固定しようかと考えていたが、賃貸でもないし直接固定しちゃうことにした。

有孔ボードを固定する止め具は探したところいくつかあったが以下にした。

1セット4個入り。1セットで荷重は20kgと書いてあったので、安全重視で有孔ボード(920mm x 1830mm)一枚に対して、3セット用意した。
60kgくらいの荷重でも大丈夫ということになる。

フック類

フック類は樹脂のものと金属のもの、あとは棚受け用のフックも購入

ペンキ、ワックス

今回有孔ボードを2枚買うことにしたので、一枚はペンキで、もう一枚はワックスで塗装してみることにした。

その他

あとは100均で塗装用のローラーを用意したり、養生用のマスカーを用意したり

緑の部分が粘着テープになっていて、透明部分が折りたたまれたビニールになっている。
今回は1100mm x 25Mというマスカーを買ったので、ビニールを展開すると1.1Mの養生スペースができあがる。

取り付けまでの流れ

材料が揃ったので天気の良い日にベランダで作業開始

有孔ボードを塗装する

まずは板の塗装から。

無塗装の状態。200番〜400番くらいのヤスリをざっとかけておいた。

一枚はミルクペイントのディキシーブルーで塗装。
乾きかけのローラーで塗ったらちょっと塗りムラができてしまったが、肉眼ではそんなにきにならないので良しとする。

もう一枚はアンティークワックスを塗り込む。
塗り込むときの布は、着古したTシャツを切って使った。

止め具を壁に取り付ける

今回の行程で一番めんどくさかったのはここ。

これが止め具。

4方向に細い釘を打ち込んで土台をとなる止め具を取り付ける。
細い釘は10円玉など硬貨で押し込める。

有孔ボードの穴の間隔は一定なので、きっちり測ってこの止め具を固定できればいいがこれがなかなか難しい。
有孔ボードを一旦取り付け位置に当ててみて目印の●を鉛筆などでつけるなどしたほうが確実。

上段は多めに4箇所止め具を取り付けた。
ほかは左右2箇所。(止め具は1ボードにつき12個用意した)

最上段の4個の止め具に釘を打ち込んで固定したら有孔ボードを実際に仮止めして、下段の止め具を仮置きしていく。
この時止め具の裏に両面テープを貼り、有孔ボードの穴とぴったり合うように仮置きしていった(これがめんどくさい)。
止め具を全部仮置きしおわったら一度有孔ボードを取り外して、止め具に釘を打ち込んでいく。

有孔ボードを取り付ける

止め具の取り付けさえ終わればもう終わったようなもので、ボードを取り付け。
電動ドライバーがあると捗る。

子供部屋と

寝室に取り付け完了。

フック類を取り付けて完成

子供部屋と

寝室。

棚受け用のフックと、ホームセンターで500円くらいで買った板(ファルカタ材という軽い板にアンティークワックスを塗り込んだ)を置けば、好きなところに棚が作れる。

まとめ

初めてにしてはうまく出来たのではなかろうか。満足。
有孔ボードはレイアウトを自由に変えれるのがいいところだな。
ミルクペイントもアンティークワックスもお手軽なのにちゃんとした仕上がりになってびっくり。
安い板を買ってアンティークワックス塗り込んで色々作ってみたいなー。

fusion360を使って子供部屋を改装する

下の息子が中学生になったので、子供部屋を中学生仕様にすることにした。
とはいえ狭い部屋なのでスペースを有効活用しなければならないので、イラレのような2Dで図面を引くよりも3Dでモデリングしたほうがイメージできるんじゃないかと思ってFusion360で作ってみることにした。

まず床と壁をつくる

ロフトベッドを置いてみる

ロフトベッドの下には吊り収納を置いたり

机を置いてみて設置可能か確認する。
こういうのは3Dだと立体的に確認できていい。

壁側には収納をいくつか。

有孔ボードを取り付けたいなと考えて設置してみる。

fusion360にはスマホアプリもある

作った3Dデータをアプリで確認できる。
もちろんグリグリ動かせる。

寸法を確認できる機能があって、これが意外と便利。
(家具を買いに行ったりしたときに、「何センチだったっけ?」というときがあるので)

ということで寸法を間違えることなく無事設置できたのだった。
来週末は、有孔ボードを壁に取り付けたり、色を塗ったりする予定。

DIY FACTORYで木材塗装の基本を学んだ


▲左がミルクペイント、右がステインで塗装した木材

木材塗装の基本(水性塗料・ワックス・ステイン) | DIY FACTORY

DIYや木材加工に興味があり上記を受講してきた。
はじめてだったので1,000円で受講できた。

素材

  • 1×4っていう規格の木材を素材にしてワークショップを進めていく
  • この木材の特徴は何と言っても安い
  • 1×4とか2×4とかって聞いたことあるけどなんのことかよくわからなかったんだけど、サイズの規格なのね

下地研磨

  • ヤスリがけからスタート
    • #150からはじめて#320で仕上げればだいたいOK
    • 木目に沿って研磨すること
    • 木目に反してヤスリがけすると色を載せたときに粗さが目立ってしまう
    • 当て木をしてヤスリがけすると良い
    • 大型の家具などはサンダーを使うのがおすすめ

塗装道具

  • ハケ
    • 今回使ったのは日本製のハケ
    • ペン持ちスタイル
  • ウェス
    • TシャツでOK
  • ローラー
    • 今回は使わなかった
  • マスカー

塗装のポイント

  • 塗装の順番は吸い込みの強い木口から塗り、表面を最後に塗る
  • ハケに塗料をつけすぎない

塗料の違い

  • アクリル顔料
    • 例:ターナーのミルクペイント
    • ミルクペイントは発色がとてもキレイ
    • 木目が目立ちにくい仕上がりになる
    • クラッキングやビンテージ加工などおもしろ塗料もある
  • ステイン
    • 例:ブライワックスやオスモ
    • 木目をいかした仕上がりになる
    • 2×4の木材もステインで塗れば高級家具につかわれる木材に似せれる
    • ステインはさらさらした塗料で、塗ったあとにウェスで拭き取る
  • ワックス
    • ワックス単体では色はそう乗らない
    • 汚れ防止
    • ステインを塗った後に、ワックスをかけると光沢が出て仕上がりが美しくなる
  • ウレタンニス
    • 最強保護材
    • 一度保護すると上から塗装できなくなる

所感

自分で色を塗っただけでこうも小さな木材に愛着が湧くとは…

  • 使ってる道具はヤスリだったり、プライマーだったり、プラモ道具と変わらないのね(大きさは違う)。
  • ミルクペイントの発色の良さに感動。
  • 2×4材をつかったDIYが流行ってる(ムック本もよく見かける)のも納得だなー。
  • 次は木材加工の基本を学びたい。